MY BEST TOP40 (2020/11/22)

ランキング更新。初登場は7曲。

 

  順位 前週 タイトル アーティスト Peak WoC
1 3 Mood (feat. Iann dior) 24kGoldn 1 3
2 7 positions Ariana Grande 2 3
  3 2 Lovesick Girls BLACKPINK 2 3
  4 1 Sofia Clairo 1 3
5 26 I CAN’T STOP ME TWICE 5 2
6 11 純情エビデンス モーニング娘。’20 6 2
  7 4 Savage Love (Laxed - Silen Beat) Jawsh 685 x Jason Derulo 1 3
  8 5 Red Lipstick 赤頬思春期 5 3
9 15 CITRUS Da-iCE 9 3
10 16 Levitating (feat. DaBaby) Dua Lipa 10 3
11 33 Kool BENEE 11 2
12 35 第六感 Reol 12 3
13 NEW Brand new planet Mr.Children 13 1
  14 6 Holy feat. Chance The Rapper Justin Bieber 6 3
  15 8 Bang! AJR 8 3
16 NEW Therefore I Am Billie Eilish 16 1
  17 17 Hawai Maluma 16 3
18 31 Dancing Cartoon 赤頬思春期 18 2
  19 14 スローモーション 島倉りか (BEYOOOONDS) 14 3
  20 9 Caramelo (Remix) Ozuna 4 3
  21 13 Supalonely feat. Gus Dapperton BENEE 7 3
22 25 恋がはじまる GOOD BYE APRIL 22 3
23 29 Take You Dancing Jason Derulo 23 2
24 NEW パープルアイシャドウ 降幡愛 24 1
  25 10 Worth It beabadoobee 10 3
  26 12 Break My Heart Dua Lipa 5 3
27 34 you broke me first Tate McRae 27 2
  28 23 Wonder Shawn Mendes 13 3
  29 18 悲しいくらいダイヤモンド 流線形/一十三十一 18 3
30 NEW 白いページの中に Leola 30 1
31 36 スマイル 森七菜 31 2
  32 19 Vida de Rico Camilo 10 3
33 NEW ロマンス 宮本浩次 33 1
34 38 LiSA 34 2
33 NEW 真夜中のドア / STAY WITH ME Rainych 33 1
  36 21 One Of Them Girls Lee Brice 21 3
  37 28 Tick Tock (feat. 24kGoldn) / Clean Bandit & Mabel Clean Bandit 28 3
38 NEW HERE WITH ME 森川美穂 33 1
  39 24 ily (i love you baby) (feat. Emilee) Surf Mesa 24 3
  40 37 Before You Go Lewis Capaldi 37 3

 

Mr.Children「Brand new planet」は有村架純主演ドラマ「姉ちゃんの恋人」主題歌。サブスクにないからまだ聴けないかと思ったら10/27からYouTubeにアップされていた。ちゃんとサブスク同時解禁にしないとビルボードでいい位置につけないのにもったいない。

降幡愛は「CITY」と入れ替わりで新曲がランクイン。80年代シティポップオマージュ路線継続、この曲が含まれるセカンドEPも楽しみ。

Leola「白いページの中に」は柴田まゆみさんのカバーで映画主題歌とのこと。映画のことはわからないけど、名曲がいつまでもカバーされ続けるのは良いこと。

宮本浩次「ロマンス」、レイニッチ「真夜中のドア」も同じくカバー。

宮本浩次さんのアルバム「ROMANCE」はほんまに名曲カバーぞろいで、その中でどの曲をこのランキングに入れるか悩みに悩んだ末、アルバムタイトルにもなっている岩崎宏美さんのカバーにした。MVが作られているのは「異邦人」。

「真夜中のドア」は本家松原みきバージョンが40年以上も経って海外サブスクで再生数が伸びているとの報道があり、その影響で日本のSpotifyの急上昇チャートでも40位台にランクインした。松原みきバージョンがこのまま上昇し続ければ、フリートウッドマックと同じような現象として語られることにもなるけれどどうなるか。

 

 

 

MY BEST TOP40 (2020/11/15)

学生時代に趣味で作成していた自主チャートを約20年ぶりに再開しました。

20年以上もの長期間作成できなくなった理由はいくつかありましたが大きくは以下の3点。

 ①世の中のトレンドが自分の好みと大きく乖離し始めた

 ②トレンドに抗うにも自由に曲を聴き漁って探すことも困難な状況になった

 ③結果、特定のアーティストの曲しか聴かない状態になりランキングを書き留めて

  おくモチベーションもなくなった

 

現在ではSpotifyのようなサブスクでもYouTubeでも自由に好みの音楽を漁ることが可能になり、Billboard Global 200がローンチしたことで洋楽にもリーチしやすくなったため、昔ラジオで音楽を探していた頃の状況が復活しました。

 

ランキングの基準は学生時代と同様に、Billboardやサブスクのニューリリース、"おすすめ"など様々なインプットをもとにするものの、有名無名は一切関係なく、自分の耳に届き刺さったかどうかのみ。そのため、どれだけCDが売れていようとも、ストリーミングされていても、自分の興味をひかなければエントリーしないし、その逆もしかりです。

 

 何故こんなものを作成するのか。

 

オリコンが合算シングルランキングをローンチして以降、合算基準がおかしいだの、特定の事務所に忖度してるだろだの、果てはオリコンの存在自体が害悪とまでいう論調までSNS上ではたびたび見られた。また、一民放局が制作している娯楽番組にすぎないCDTVにも、なぜ〇〇が一位ではないのかとかみつくひとがいる。

 

でも私の中でははるか以前にその種の議論はやり尽くされていて、最終到達点が自分のランキングを作成する、だったからです。

 

今もチャートマニアの方々が独自の計算式でセールスとその他の指標を合算して、ということをされています。私もしたことがあります。「ザ・ベストテン」が教えてくれたこの楽しみ方の影響力は本当に絶大です。

しかし、どんな比率を設定したところで合算すればするほど総合チャートに極小さな流行の兆しを落とし込むことは難しいし、ましてやそこに自分の好みが投影されるわけではない。しかも私の見たいところは今も昔も上位の既に売れているものではなく下位の動きだった。それは合算により薄まってしまった総合チャートではなく各要素(ラジオチャート、ダウンロードチャート、有線チャート…)を直接見る方が合理的。

 

どんなにオリコンその他のランキングが謎の力学によって歪んでいたとしても、どんな曲がどんなアクションをしているかを自分の目で確かめるツールとしてのみ使用する分には問題なく、限られた可処分時間を好きでもない曲に費やしたり気に入らないランキングを矯正させようとするのに費やしたりするのはもったいないだけという結論になった。

 

ということで、前口上は終わりにして最新2020/11/15作成のランキングは下記のようになりました。

実際には先週から作成を再開しているため「前週」が存在します。

また、「前週」以前のランキングは存在しないもののもし作成していたらエントリーしていたであろう曲がランクインした場合はリエントリー扱いとします。

 

  順位 前週 タイトル アーティスト
1 2 Sofia Clairo
2 11 Lovesick Girls BLACKPINK
  3 3 Mood (feat. Iann dior) 24kGoldn
  4 1 Savage Love (Laxed - Silen Beat) Jawsh 685
5 32 Red Lipstick 赤頬思春期
  6 6 Holy feat. Chance The Rapper Justin Bieber
7 19 positions Ariana Grande
8 8 Bang! AJR
  9 4 Caramelo (Remix) Ozuna
10 14 Worth It beabadoobee
11 NEW 純情エビデンス モーニング娘。’20
  12 5 Break My Heart Dua Lipa
  13 7 Supalonely feat. Gus Dapperton BENEE
14 15 スローモーション 島倉りか (BEYOOOONDS)
15 21 CITRUS Da-iCE
16 26 Levitating (feat. DaBaby) Dua Lipa
  17 16 Hawai Maluma
18 18 悲しいくらいダイヤモンド 流線形/一十三十一
  19 10 Vida de Rico Camilo
  20 9 CITY 降幡愛
21 22 One Of Them Girls Lee Brice
  22 12 Watermelon Sugar Harry Styles
  23 13 Wonder Shawn Mendes
24 31 ily (i love you baby) (feat. Emilee) Surf Mesa
25 27 恋がはじまる GOOD BYE APRIL
26 NEW I CAN’T STOP ME TWICE
  27 17 グロテスク・ラブ アンニュイ・ホリデイ
28 33 Tick Tock (feat. 24kGoldn) / Clean Bandit & Mabel Clean Bandit
29 NEW Take You Dancing Jason Derulo
  30 20 Blinding Lights The Weeknd
31 NEW Dancing Cartoon 赤頬思春期
  32 23 都会ガール Lafzin
33 NEW Kool BENEE
34 NEW you broke me first Tate McRae
35 40 第六感 Reol
36 RE スマイル 森七菜
  37 37 Before You Go Lewis Capaldi
38 NEW LiSA
  39 28 Intensions (feat. Quavo) Justin Bieber
  40 38 エメラルド Back Number

 

YouTube(とSpotify)に可能な限りこれと同じ曲順になるプレイリストを作成しています。

www.youtube.com

 

Clairoとの出会いはBillboard Global 100にエントリーしてきたこと。非常に下位ではあったけれど数秒聴いてこれだ!とハマりました。なのでTikTokがどうこうというのは私には関係のないことでした。

beebadoobeeとの出会いはClairoの関連アーティストとしてYouTubeが紹介してきたから。

BENEEとの出会いはBS朝日ベストヒットUSAで紹介されていたビルボードのPop Songsチャート。これも数秒聴いて、きわめて日本のシティポップに近いテイストを感じてハマりました。

いくつかエントリーしているラテン曲もBillboard Global 100ができたことで出会えた曲たち。

BLACKPINK…というかK-POPそのものが本来は守備範囲外ですが、完全にシンディローパーのオマージュだった「Lovesick Girls」にはノックアウトされました。このアレンジはずるい。

赤頬思春期「Red Lipstick」はSpotifyのニューリリースに並んでいたのが発端なので、これもK-Popだという事前知識はまったくなし。ただ、意識してるのかどうかわかりませんが妙にカヒミカリィっぽいと感じて気にいりました。

 

こうしていくつか挙げてみましたが、本当にどんなルートで自分の耳に入ってくるかは千差万別。でも自分に刺さればどんな例外ケースでもなんでもエントリーしますということです。

音楽は自由なのです。

 

来週もこのランキングがポジティブに更新できますように。

 

 

 

 

 

スカパー! MPEG2-TSフォーマットがBluray Video規格外に?

おそらく4K対応が入った際にエンコーダが改悪されたのか、今までBluray Video規格に準拠されたTSフォーマットで放送されていたのが規格外になってしまっていることに今頃気づいた。

なんでBlurayのオーサリングに異様に時間がかかり、予測サイズと実際のサイズが大きく乖離してしまう(予測よりも大幅にサイズが増大してしまう)のかを突き詰めて調べたらどうもそういうことだった(無劣化出力と再エンコードが頻繁に切り替わり続けていた)。

 

極力放送ソースのまま残す、という観点ではこれは完全にアウト。でも再エンコードしないとBluray準拠にならない。実際にはBDプレーヤで再生することはないけれど、録画ファイルをそのまま残すとなるとそれはそれでCMが邪魔だったりチャプタの頭出しができなかったりと面倒。

 

これは今後どうすればいいのか。

 

 

JIN レジェンド

1か月以上続く在宅勤務中に集中再放送されていたのが、江戸幕末期にタイムスリップした医者が"コロリ"から民を救うくだりに現状を重ね合わせることのできる「JINレジェンド」。

本放送時にもかなり気に入って観ていたのですがディテールはかなり忘却し、完結編のラスト部分も記憶から失われていたので、後半に向かうほど初見のように楽しむことができた。

 

今回の再放送でもっとも強く心を揺さぶられたのは、150年もの時間の壁によって切り離された南方仁(大沢たかお)・橘咲(綾瀬はるか)の二人の心を結び合わせる奇跡の恋文、そして歴史の修正力を超えて橘家の娘として生まれた未来(中谷美紀)。

緑膿菌に感染してしまった咲(綾瀬はるか)を救うために現代に戻り薬を持ち帰ろうとした仁(大沢たかお)が二度と咲さんの元に戻れなくなってしまう。初めから南方仁などタイムスリップしてこなかったものに修正されてしまったあとも、仁が残した10円硬貨に触れた瞬間に「お慕い申し上げていた」〇〇先生の記憶を掘り起こし、決して忘れぬよう書き綴る。それは「私だけが幸せになってはいけないのです」と封じ込めつづけた咲が初めて本当の気持ちを綴った「恋文」だった。そして150年の時を超えて現代に舞い戻った仁とリンクする…。

これほどの遠距離恋愛があるだろうか。

また、咲のように、絶対に忘れるべきではない喜怒哀楽の思い出を強い意志を持って書き残すという行為を、現代に生きる自分はどれほど実行できているだろうか。

Hatena Blogも含めツールは充実しているけれど、そこに本当に大事なことを刻むことはできているか。

何歳の時にどの出来事で誰と出会いどんな感情を共有したか、あまりにもたやすく無防備に忘れ去ってしまう記憶をせき止めることができないもどかしさをリアルに感じているため、このJINのラストシーンには本当に涙が止まらなかった。

 

忘れることができるから前進できる、でも忘れてしまうことで大事な何かまで失っているのではないかと思うたびに悲しみが増える。

本当にこのドラマが提示している内容は奥深い。

今回ここに綴ったことで、今感じている記憶は流されないようにとどめることができるだろうか。できていてほしい。

駄目だ、やっぱりiTunes12が頑なすぎて使いづらい

iTunes12へのアップデート後の諸問題、アートワークやらエンコーダが見つからないやらは新UIに慣れるか、代替案でしのぐかして解決できるものの、最大に厄介なのは

 

 iTunes Mediaフォルダの格納場所」の変更を頑なに許さない

 

ことです。過去からの引継ぎであっても許さない。ほんと頑固。

 

iTunes10の時は、詳細設定メニューでiTunesライブラリの格納場所をデフォルト(規定のミュージックフォルダの配下に作られる)から、異なる大容量HDDに変更するのは容易だったのだが、何故かiTunes12では、何度フォルダ位置を変更しても再起動するとデフォルトの格納場所に戻されてしまう。解決策としてライブラリを作成しなおせばいいんだよとおっしゃる方がいるのだけど、それプレイリストも再生回数も全部リセットされるんじゃない?と思う。

 

で、試行錯誤の結果の落としどころは、iTunes Library.itlなどの設定ファイル一式ごと、音楽ライブラリを格納してるHDDにコピーして、そこからライブラリを読み込みなおしさせること、それしかなさそう。ただし、それでも「iTunes Mediaフォルダの格納場所」はやはり自由には変更させてくれず、"(iTunes Library.itlの場所)\iTunes Media"に固定されてしまう。書き換えても再起動するとそこに強制的に戻されてしまう。あーほんまめんどくさい。

 

 

 

 

iTunesバージョンアップ & Apple Musicトライアル

5/1からApple Musicのトライアルを開始。

まずはブラウザでの再生を試そうとしたが、Apple IDでのサインインができず。

サインインはアプリからでないと出来なさそうなので、AndroidApple Musicアプリをインストールして対処。そしてトライ。

ブラウザ版のApple Musicは確かに便利。でもギャップレス再生ができないのが致命的で、アルバムを通して聴く用途では常用に耐えないと感じた。

 

次はiTunesのバージョンアップ。UIの改悪のためずっと10.7でステイしていたけれど、Apple Musicを試すためしかたなく12.10.6にアップデート。しかし、間が空きすぎているのかiTunes Libraryを読み取ってくれない。なので、間にiTunes11をはさんで2段階のアップデート。これならiTunes Libraryを更新して既存のライブラリをすべて認識してくれた…Podcastを除いて。

 

ライブラリを認識してくれないことに対するトライ&エラーとして、iTunes Mediaフォルダのデフォルトパスに、実際のライブラリ管理フォルダをmklinkでリンクしてしまうという方法を試したが、一見良さそうに思えたもののすぐに不具合に気づき、リンク削除。どの方法でiTunesに楽曲を登録したかによって実ライブラリへのパスとmklinkのパスが混在してしまい、収拾がつかなくなることが原因。すぐに気づいて良かった…これは絶対にやってはいけない。

 

iTunes12にアップデートしての感想は、やっぱりUIが使いづらい。

最悪だったiTunes11よりは改善されているが、以下の点が駄目。

・アルバムアートワークがドラッグアンドドロップで登録できなくなった。

・また複数のアートワークを登録することもできなくなった。

・ライブラリに登録した曲をエンコードしなおすメニューが削除されてしまっている

・既存のPodcastがすべてライブラリから削除されてしまった

・「読み」をメニュー操作で複数の楽曲に一括反映することができなくなった

 

不満はまだまだ出てくると思うので気づき次第追記。

 

Apple Music用には別のiTunes Libraryを作成することで、既存のライブラリが汚染されることを防止。iTunesで、アルバムを一括ダウンロードした状態でならApple Musicの楽曲をギャップレス再生できることを確認。